公共交通機関の安全性

6日に全日空の旅客機が浜松市の沖合上空で

約30秒間で1900mくらい急降下したトラブルだが

最近になって機体の傾きが130度以上になり

ほぼ裏返しの状態で飛行していたことが公表された。

なんとアクロバティックな操縦士でしょう。

そのまま一回転しちまえよ!

 

でもなぜ報告が少し遅れたのだろう?

フライト記録を調べればすぐにわかることではないのか?

公表したので隠蔽するつもりはなかったと思われるが

よくわからんな。

 

本当にもう少しで大惨事になるところだった。

前に起きた日航ジャンボ機墜落事故の

二の舞にならなくて本当に良かったと思う。

なんでもトイレに行った機長を操縦室に入れる際

副操縦士がドアを開けるスイッチと

機体の姿勢を調整するスイッチを間違えて操作したらしい。

この副操縦士はベテランで

お互い距離が離れているスイッチをどうして間違えたのか?

これが最大の謎である。

普通だったらそんなミス有り得ないだろう。

オート操縦で寝惚けていたのか

頭がイカれたか

全くもって緊張感が無さすぎる。

陸でもない仕事のミスなら許されるが

人の命を危険にさらすミスは一度たりとも許されない。

人間誰でもミスはあるが

これが人の命を預かる仕事の重大さだ。

 

それにしても客も気付かないんだから凄いよな。

事実を知ったら大騒ぎどころじゃないぜ。

時速にすると約228kmで急降下し逆さまになっているのにさ。

計算合ってるかな?笑

実際乱気流のような上下の動きだと

重力が天井に働き宙に浮いたりするらしいが

この場合だと地面に重力が掛かるみたいで

飲み物が零れることもないし殆ど気付かないらしい。

 

体調の悪さを訴える人も何人かいたらしいが

何はともあれ無事で帰還出来たのは良かった。

裏返しになった後の対応が適切でなければ

終わっていただろうね。

きっとそこは冷静だったんだろう。

 

話題は変わり

また中国で電車事故が起きた。

今度は上海都市部の地下鉄だとさ。

懲りもせずまたすぐに運転を再開し

次の日は国民の批判で運休だと。

現在は運転を再開しているみたいだが

原因はまたも信号トラブルらしい。

しかも高速鉄道と同じ会社の信号システムなんだって。

これはもう安心していられないな。

徹底的に安全性を確かめるべきだが

中国政府はそんなことやらんだろう。

別にそれでも客は利用しているみたいだし

いいんじゃねーの。

日本じゃねーからどうでもいいわ。

 

死亡者は出なかったみたいだが

200人以上が病院送りになった。

中には日本の観光客もいたらしく取材に応じていたよ。

最近知り合いの子が上海に行ったから

事故に遭わなくて良かったと思う。

全く人生いつどこで災難に遭うかわからないよ。

人事のように思うかもしれないが

それがその人の運命だったということだ。

もしかしたらあなたも運命の歯車が廻り始めているかもね。

Tales Of Destinyのように。笑

知らない人は無視してくれ。

最後に良い人生だったと言えるように

他人に迷惑をかけなければ

やりたい事に挑戦した方がいいよ。

それが無い人でも今この瞬間を

精一杯楽しめばいいってことさ。

俺はそう思う。

 

Good bye ♪

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です