バンド「GLORYHAMMER」

スコットランドのパイレーツ・メタル・バンドALESTORMの

フロントマンであるクリストファー・ボウズが

サイド・プロジェクトとして始めた

シンフォニック・メロパワ・バンド。

個人的には宇宙メタルと呼んでいるが

どうやら1stも出しているようで

似たようなコンセプトらしい。

 

GLORYHAMMERメンバー

(l. to r.)

James Cartwright<b>

Ben Turk<ds>

Thomas Winkler<vo>

Christopher Bowes<key>

Paul Templing<g>

 

クリストファーはここではキーボードに専念していて

作曲も担当している。

見ればわかるように視覚的なインパクトが大きいが

決してそれに負けない音楽をやっている。

ギターのポールに関しては実体がないですからね。

 

2015年 2nd  SPACE 1992: RISE OF THE CHAOS WIZARDS

 

SPACE 1992: RISE OF THE CHAOS WIZARDS

 

1. Infernus Ad Astra

2. Rise Of The Chaos Wizards

3. Legend Of The Astral Hammer

4. Goblin King Of The Darkstorm Galaxy

5. The Hollywood Hootsman

6. Victorious Eagle Warfare

7. Questlords Of Inverness, Ride To The Galactic Fortress!

8. Universe On Fire

9. Heroes (Of Dundee)

10. Apocalypse 1992

 

私は皆目知らなかったのだが

某サイトで映像を見たところ

あまりのインパクトにたまらず購入。

国内盤のボートラは収録曲をリミックスしただけだし

輸入盤にも全曲オーケストラとしてアレンジした

サントラ・ディスクが付属しているので

価格が安い輸入盤を購入。

邦題は栄光の宇宙大作戦といって

引っ切りなしに銀河やらゴブリン、ユニコーンなどが出てくる。

全くふざけたような見た目だが

音楽は至って真面目でクオリティは高い。

シンフォニックと聞くとアレンジばかりが凝っていて

印象に残らないというものも多いが

このバンドは大切なメロディが強い。

やはりメロディが良くないと

この手のバンドはダメである。

フォークっぽいGoblin King Of The Darkstorm Galaxyや

ディスコのようなダンスナンバーであるUniverse On Fire。

ラストは長編でどれも質が高い。

個人的にはHeroes (Of Dundee)が好きだが

まさに日本人に受けるような音楽だと思う。

きっかけがあれば人気は上がっていくことだろう。

SABATONのように。笑

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です