映画「ターミネーター」シリーズ(前半)

低予算ながら大ヒットしたアメリカのSFアクション映画。

この映画 = アーノルド・シュワルツェネッガーという

イメージが強く出来上がってしまった。

 

1984年 1

好み度 ★★★★★ 5.3

 

The Terminator

 

近未来で人工知能を持ったコンピュータであるスカイネットが

反乱を起こし機械軍を指揮していた。

だがそれに抵抗する人類の指揮者であるジョン・コナーが反撃に転じ

それに脅威を感じたスカイネットは

現代へT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)という殺人機械を送り込み

ジョンの母親であるサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)の殺害を目論む。

一方抵抗軍からも兵士カイル・リース(マイケル・ビーン)を送り込み

サラの護衛をするよう使命を与えられた。

 

当初は2を観た後に観たのだが

ある意味衝撃的であった。

2で味方だったシュワちゃんが敵だからだ。

2で彼のファンになったのに

これは小学生には辛い仕打ちである。

もやもやとしながらも

かつて大根役者といわれたシュワちゃんの

2とは違う雰囲気が観れるわけで

新たな発見はあった。

この世界の話もよく理解できたし。

明らかに人形を使っていたり

やはりサラの髪型などは昭和だが

今観ても最高に面白い。

これを観て寝るやつの気が知れない。

 

1991年 2

好み度 ★★★★★ 5.9

 

Terminator2 - Judgment Day

 

ジョン(エドワード・ファーロング)が生まれ標的が変わった。

また送り込まれた殺人ターミネーターも変わり

最新のT-1000(ロバート・パトリック)という液体金属で構成されたモデルが敵となり

1で敵役だった旧型のT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)が味方となっている。

 

私の中で一番の映画といっていいだろう。

もう何回観たかわからない。

初めて観たときは小学生の低学年だったが

父親が借りてきたビデオを観て

初めて衝撃を受けた映画だった。

なので私の中では一番なのだ。

父親も私に観せる前提だったのか吹き替え版だった。

特に印象的だったのがラストのシーンで

しばらく寝れなかったくらいである。

それくらい小学生には衝撃的だった。

すぐにシュワちゃんが好きになり

その他の映画も父親に借りてくるように頼んだ。

勿論これは2だったので1もその中には含まれていた。

ここで私のアクション好きが決まったのである。

因みにこの次に衝撃を受けた映画がチャッキー3なのである。

ああチャッキーじゃなくてチャイルドプレイね。

そちらは今観ると大したことないが

こちらはいつ観ても最高だ。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です