お好み焼き「福太郎」

初日の夕食に食べたお好み焼き店で

ウラなんばのメーン・ストリート沿いにある。

 

福太郎

 

ここは本店だが梅田や高島屋にもあるらしい。

店員を鉄板で囲み

その鉄板の前に客を配置するという

カウンターだけのお店なのでグループには適さない。

裏には別館があるらしいが

そこがどうなっているかはわからない。

しかも正面で焼き専門の人が焼いているので

実質的には両サイドのみ。

しかし2, 3分待っただけで入れたのでラッキーだった。

お喋りしてないで食べたら帰りましょう。

そういうことなので

嘸かし美味いことだろう。

 

ネギ焼きが名物みたいなので

それと普通のものを頼んだが

一向に出て来ない。

待ち時間が長いので酒を飲む人は

一品料理を必ず2, 3品頼んだ方が良い。

よってお好み焼きの追加注文はやめた方がいいだろう。

一枚ずつ食べたらそれなりに満足する。

それなりというのは我々が食いしん坊だからであるが

味は期待していた以上に美味い。

ていうかこんな美味いお好み焼き食べたことないです。

なめらかな口当たりで

表面とネギの歯触りが最高である。

いくつ食べても凭れないだろう。

値段もそこまでバカ高くないし。

ということで物足りない我々は次のお店へ。

お好み焼き店をはしごするなんて聞いたことがないわ。

次の店は自分たちで焼ける「千日前はつせ」

福太郎の目と鼻の先にある。

ここは完全個室なので福太郎とは正反対。

焼き方の解説が置いてあるが

そんなものは無視して好き放題焼いた。

だからか味は東京で食べるものと大して変わらないような。

たぶん酔っていたから何とも言えないが

お好み焼きを味わいたいなら

ここはやめた方がいいだろう。

大声で喋りたい人や恋人との空間を大切にしたい人が行けばよい。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です