本「毒笑小説」

1996年刊行 1999年文庫化

著者:東野 圭吾

 

毒笑小説

 

誘拐天国

エンジェル

手作りマダム

マニュアル警察

ホームアローンじいさん

花婿人形

女流作家

殺意取扱説明書

つぐない

栄光の証言

本格推理関連グッズ鑑定ショー

誘拐電話網

 

笑小説シリーズの第2作目。

「怪」の次は「毒」ときた。

 

塾にお稽古に家庭教師にとVIPなみに忙しい孫。

何とかゆっくり会えないものかという祖父の訴えを聞いて

麻雀仲間の爺さんたちが”妙案”を思いつく。

前代未聞の誘拐事件を扱った「誘拐天国」をはじめ

毒のある可笑しさに満ちた傑作が1ダース!

 

笑小説シリーズが格安でまとめて売っていたので

順番に読破したわけだが

この毒が一番楽しめたかもしれない。

それほど毒があるわけではないのだが

笑いに関しては私には合っていた。

だから2, 3日でスラスラと読めた。

まあ「つぐない」に関しては笑いの欠片もないが。

なお本作は前作を読んでいることが前提なのか

各作品のあとがきは存在せず

京極 夏彦さんとの笑いについての対談が掲載されていて

ファンにとっては興味深い内容となっている。

京極さんってこんな人だったんだ。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です