ラーメン「富良野とみ川」

例の北海道展に出店していた

富良野にある「とみ川」というラーメン屋。

ランキング1位の人気店らしく

地元の素材を使用し化学調味料を使用しないというこだわりで

麺を石臼で挽いた「石臼挽き中華そば」が有名らしいが

値段が高いし普通の醤油ラーメンを注文。

 

富良野とみ川の醤油ラーメン

 

メニューにはその他に味噌ラーメンと

両スープのチャーシューメンがあったが

相方は北海道といえば味噌ラーメンとかいう阿呆っぷりで

味噌ラーメンを注文していたが

どちらかといえば旭川に近いのだから醤油なんじゃない?と突っ込む。

中華そばを目玉にしているわけだし。

 

一口食べてスープを飲んでみると

これがかなり塩気が利いていて

正直本当に化学調味料を使っていないのかと疑いたくなるくらい。

麺は自家製の平打麺でスープが絡み美味しかったが

チャーシューはボソボソで不味かった。

チャーシューメン頼まなくて正解と思い

横を見てみるとおっさんがチャーシューメンを食べていた。

これならもっと美味しい店が東京にたくさんあるだろうな。

飽くまで好みの問題だけど。

まあ滅多に食べれないので満足でしたが

こういう形で出張しているラーメンは

どうやって作っているのだろうか?

まさか地元でスープを作ってから運んでいるわけじゃないだろうな?

まさかねと思いつつごちそうさまと退出。

他で買ったイカめしと一緒にいただきました。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です