バンド「HALESTORM」

LOUD PARK 10と12で演奏した

アメリカのハード・ロック・バンド。

ギター&ヴォーカルを担当する姉リジーと

ドラムスを担当する弟アージェイを

中心に結成された姉弟バンド。

ライヴの印象はLOUD PARK 12の記事をご覧あれ。

サウンドはもろに米国って感じだが

80年代からの影響を窺わせる。

アヴリル・ラヴィーンが歌いそうな

ポップ・ロック調の曲もあったりして

メジャー感バリバリのサウンド。

ヴォーカルのメロディも印象的で

なんといってもこのバンドの売りは

リジーの強烈な歌声だろう。

力強くまさにロックを歌うために生まれてきた感じだが

繊細な歌い方も出来るのでバラードも絶品。

 

現メンバー

 

(l. to r.)

Joe Hottinger(ジョー・ホッティンジャー)<g>

Josh Smith(ジョシュ・スミス)<b>

Lzzy Hale(リジー・ヘイル)<vo&g>

Arejay Hale(アージェイ・ヘイル)<ds>

 

1stのときより大分印象が違う。

髪の毛って大事ね。

 

2012年 2nd  THE STRANGE CASE OF…

 

 

1. Love Bites(So Do I)

2. Mz. Hyde

3. I Miss The Misery

4. Freak Like Me

5. Beautiful With You

6. In Your Room

7. Break In

8. Rock Show

9. Daughters Of Darkness

10. You Call Me A Bitch Like It’s A Bad Thing

11. American Boys

12. Here’s To Us

BONUS TRACKS

13. Don’t Know How To Stop

14. Private Parts

15. Hate It When You See Me Cry

 

最新作の輸入デラックス盤。

序盤のパンチはあるが

中盤に売れ線狙いのようなかったるい曲が続く。

でもこれが中々の佳曲であって

全体的に完成度は高い。

1stではEVANESCENCEのエイミーのようなを声を

感じる部分があったが

それはどうやら曲調のせいだったらしい。

I Miss The Miseryは観客とシンガロングできるし

Love Bites(So Do I)のシャウトは強烈。

Mz. Hydeのイントロはどこかで聴いたような。

何だったっけな?

共感しわかる方は教えてくれ。

なお国内盤のボートラはカヴァー曲で構成されているが

こちらは未発表曲で構成されている。

Private PartsではニッキーのSixx:A.M.で歌う

James Michaelが参加している。

それにしてもなぜジャケットがTURISASみたいなんだ?

 

試聴

I Miss The Misery

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です