ざさいたま
その他 奥多摩 自転車 音楽 リンク集

ピアノがない空間

アパートメントにて

 アパートメントでの一人暮らしを始める。つまり、それは必然的に、ピアノが弾きたくても弾けない環境である。ピアノが無いからといって音楽と離れる訳にはいかない、オーディオを購入してレコード(CD)を聞き漁ることに。大学時代のCDの管理・処分に困っている恩師から大量のCDを借り受け、読書しながら貪るように聞く。音楽との距離はある程度保っておきたい。コンサートにも出かけるなど音楽との距離を常に保つことに努めた。
 それでもピアノが無い生活は私としては、非常に殺伐としたものであり、苦痛を伴うものであった。そんな生活を三年間弱していたのだから信じられない。
 恩師が入手したチケットの中にクリスティアン・ツメルマンがバッハのパルティータ二番を弾くというものがあった。実に素晴らしい演奏で、ピアノが弾きたい衝動を押さえることができなくなってしまった。

経済面から

 ピアノがある部屋を用意できる程、経済的に豊かでもない。ローンを組んでそのような環境を用意すればいいのでは、という考えもできよう。私はそのような無茶はできない。少し勉強すれば住宅ローンの恐ろしさは明らかになるのだから。レバレッジを効かせた取引は実に危険だ。アマチュア的趣味芸術は、債務を抱えたガツガツした人間がするものではない。そんなことはプロがすればいいのである。気楽に時には真剣に愉しむものでなくてはならない。
 経済的に恵まれてないのなら、電子ピアノでいいのではという意見もあろう。私は電子ピアノについてよいイメージをもっていない。それはピアノとは全くタッチから、その出てくる音も違い、ピアノという楽器できないからだ。そんなこんなで三年間の長きに亘り、耳と指と心を怠けさせてしまった。
  戻る 次へ
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.