ざさいたま
アバウト ギャラリー コンピュータ その他 リンク集

第二章 儀式の図面的解釈

 三有職書を統合して内容の違いと儀式の様子がわかる表を作成した。表に書かれている部分はすべて書き下し文に改めた。〔 〕で囲まれている部分は割り注、空欄は該当記事が無いことを示している。原文は巻末資料参照

統合した儀式次第 御仏名


場面
西宮記
北山抄
江家次第

B次第
    亥一刻公卿等参入殿上に候ず 〔前例暫く殿上に候ず着陣し召を待つ、近例然らず、只殿上に候ず〔往年堂童子〕蔵人二人、〔一人僧を召し、一人公卿を召す、近代公卿を召さず〕〕〔〔頭書〕羽林抄にい云う、若し公卿殿上に候ずるは更に之を召さずと云々、陣に候ず公卿僧を召た後之を召す〕
        小舎人二人衣冠を着し時簡の下に居し公卿の沓を預かる
        蔵人薪を召す〔殿上の火櫃に焼ぐ〕
      蔵人御導師等を召す
蔵人頭仰を奉りて僧を召さしむ 〔先例御倚子の前に居し堂童子を召す蔵人小板敷に於いて之を仰す、而るに近代鬼間の方に於いて或いは之を仰す、漸く流例為り、若し公卿殿上に候ずに依り其の上頭に居す便無きか〕
        蔵人仰を奉りて射場殿に出る
  A打鐘
亥一尅鐘を撃つ
亥一刻鐘を打つ(本来なら4の前に来るが便宜的に入れ替えた)
(蔵人)図書寮に仰せて、鐘を打たしむ
  C参入
    (蔵人)次に出で殿上の口より還る〔小舎人二人、脂燭を差し前行し、〔左右〕時々前を追う〕

C参入
    (蔵人)陰明門より出で僧房の前に至るの時僧等永安門の檀下に列立つす
        定額僧〔西上北面〕、次第僧〔西面北上東〕
        蔵人其の所を去り一丈三尺許り〔小さく巽に向かう〕
        (蔵人)之を仰す 〔雨雪の時壇上に於いて之を之を仰す〕
        初夜の御導師某大い法師〔亥二刻より子三刻に至る〕
        後夜の御導師某大い法師〔子四刻より丑三刻に至る〕
        法用は次の任のままに仕れ唄〔三〕、散花〔次第、一〕
    出居着す〔剱を着せず、地下着す〕
次ぎに出居の次将着座す〔殿上の次将剱笏を具せず、他の出居と異にす〕
次出居の将着座〔劔笏を着けず他の出居と異にす右青璅門より昇り北面西上〕
    近衛の官人時を奏す〔亥子は左~府生已上河竹の東に着す、打弦二度姓名を称う、時を申して還出す、例に依りて夜行す〕
  近衛の官人時を奏す〔亥子は左丑寅は右、府生以上河竹の東に立ち打弦二度、姓名を称え時を申し還出し、例に依りて夜行す、往年若し荷前に当らば、時刻を奏せず、近代皆之を奏す〕
    王卿参上す
王卿召しに依りて参上〔殿上の候ずる者、さらに之を召さず〕
次に王卿参上
    〔或いは召しに依りて出居に問う、微音にして誰ぞと云々、王卿一々長押の下に跪き、名を称え御前の座に着す後れて参れる者有るるは又問う、僧上の後に侍臣、東の庇の御屏風の内に着し、蔵人所の東の仮庇に候ず校書殿の人同所教化に着す、御物忌の時下宿人丑の時に参上す〕
戸の前に留り跪き出居微音にして〔音猶御所に聞こえる〕問いて曰く誰か各名を称えて着座す〔後れて参入、参るに随いて之を問う〕
戸の前に留まり跪く〔出居微音にして問いて曰く、誰〔音猶御所に聞ゆ〕次第名を称う、御前に進み着し〔北上西面〕後に参る人参るに随いて之を問う御物忌の時下宿人丑の刻に参上す〕
    御導師参上す〔庇の南の一間より入り従僧など南壁の下に候ず〕
次ぎに僧侶参上〔右の青璅門より入り、其の従僧は御導師三人、次第僧二人〕
次に僧侶参上〔殿上の口より入り神仙・右青璅門を経て着座、某従僧御導師三人、次第僧二人〕
  D燈火
脂を指す事
   
  C参入
    御導師以下着座〔北上西面〕
        従僧庇の南壁の下に候ず
  E法会
御導師礼盤に着す〔磬二度公卿笏を置く〕
  御導師礼盤に着す〔磬二度公卿笏を置く〕
    御導師当願衆生訖りて
  当願衆生等九句を唱へ訖ぬ
        之を礼仏の頌と謂う
    梵音二段
  礼仏三度、唄四段
        堂童子着座〔西上北面〕
    堂童子花筥を授く〔庇南の一間より入り僧座の北頭、花筥を取り跪き衆僧に授く上﨟一の御導師に授け暫く下﨟他僧に授く〕
次ぎに侍臣、次ぎに堂童子五位二人分かち花筥を行かす〔上﨟一枚を取り御導師に授く、次に人僧等の間に行き之を進む〕
次に花筥を授く〔庇の南の一間より入りて僧座の北頭を経机に就き跪く把を解きて出で花筥五枚を取り、下﨟に授け次に一枚を取り一の御導師に授け下﨟他僧に授く、畢りて上﨟複座す、次に下﨟僧座の前より花筥を引く、上﨟西を経て複座す〕
    散花衆僧を率い礼盤の上に座す〔唄一人座に留む〕
  散花衆僧を率い礼盤の下に列す〔唄一人座に留む〕
    導師下立
  導師下立
    散花列し、唄散花、梵音を誦し訖りて散花僧仏名を唱う
  散花引唄す、散花梵音を誦す、散花僧仏名を唱う
    先ず列し離れ本座に着き仏名を申す、衆僧複座す〔導師礼盤に着く〕
  一度次づ列を離れ本座に着す〔仏名を申す〕
        衆僧複座〔導師礼盤に着す〕
    仏名十許度
  仏名十度許度

E法会
堂童子花筥を取る〔下より退く〕
  畢りて堂童子花筥を取り之を収め初めの如くす〔下より退く〕
    五位以下火炉を居う〔先ず僧の前、王卿の前〕
法用の後火櫃を給う〔侍臣の瓰火〕
五位以下火櫃を居う〔先僧座の料、公卿の座の末より入る僧座の北を経て僧前に到り之を居う〔六口右廻し退く〕〕
        公卿料〔座の末より入り前に到り之を居す左廻し退く〕
        (説明)件の火櫃は内蔵寮の進ずる所なり
    御導師仏名・教誨・拝教・我音・無量等了りて〔四段経を披らく〕
  御導師〔開白、仏名・教化・無量など畢り~如意を執り後誓・教悔・対揚~六種・仏名教・教悔〕
        事畢りて導師複座
    暁御導師礼盤に就き礼仏・仏名・教誨・拝了・錫杖の間〔夜竟る〕
  暁に御導師礼盤に就く
        礼仏・仏名・教悔・拝経など畢り誦し錫杖・唄・散花無し、三礼を用い御前誦無し
  F宴
    酒肴出居に給う〔近代見ず〕
        出居酒肴王卿に給う〔近代見ず〕
        侍臣の前の〔瓰火〕を居す〔近代見ず〕
      事畢りて僧侶退下す
僧侶退下
  J名対面
  出居問いて曰く誰々か陪べる〔侍臣座に於之を問う、名を称えること又此如し〕
次に名対面〔侍臣等皆着座す、蔵人頭上に在り、頭若位階下﨟為りは、次第に到り名を称えよ〕
        所衆着す〔近代衣冠〕
        出納末に在り〔近代束帯〕
        滝口参る〔布衣〕
        出居の将問いて曰く、誰誰か陪べる〔侍臣座の末に於いて之を問う、次第至り名を称う、往年非殿上の次将、殿上六位の後之を称うと云々〕
  K退出
  王卿・侍臣・蔵人所・滝口各名を称えて退出す〔非殿上の次将殿上六位の後之を称う〕
公卿以下次第名を称う〔六位姓を加う〕次ぎに退下す
  F宴
  是夜出居座間に於いて酒肴侍臣に勧む〔蔵人式に曰く、王卿に勧む而るに近代王卿此の例に就くを見ず、但し御導師中言談に堪える者、若急に依りて退下して還り参るの時留め酒を飲ましむ前蹤旡きにあらず〕
 
  補足
尽所の御導師採り用いること有らば、今夜加え召す
   

C参入
  次の日昨夜の如くせよ
次の夜の導師刻限等〔西宮記に曰く、第二夜早く初めて晩に竟る〕
        初夜の御導師某大い法師〔亥二刻より子一刻に至る〕
      但し、半夜の御導師を相加う
半夜の御導師某大い法師〔子二刻より丑一刻に至る〕
        後夜の御導師某大い法師〔丑二刻より寅三刻に至る〕
  F宴
  或いは左近の陣栢梨を王卿侍臣に羞む〔彼の府の所領栢梨庄の地の利を以て造る所の甘糟なり、近例殿上に於いて是を羞む〕
今夜栢梨を羞む〔左近衛府摂津の庄名なり、彼の地の利を以て造る所の甘糟なり〕
        大小盤以下折敷を以て之を居う、左近官人等取継主殿司之を居えしむ
        公卿毎に甘糟一杯〔乳カンを入る〕
        菓子二枚、精進物二杯

F宴
    箸台〔箸一双を居う〕、空器一口なり
        公卿殿上に着す
      次将勧杯
近衛の次将勧杯〔蔵人瓶子を執る、小板敷より昇り、四位大臣に勧む者は継酌、納言以上に於いては之を取らず五位継酌を取る、二献を過ぎずと云々〕
  補足
    自余の事昨と同じ
        今夜五位の蔵人下侍に於いて分配を押す〔或いは昨夜之を押す〕
        一﨟〔与奪〕、二﨟〔押之〕、続飯粘
        (省略:以下栢梨についての注釈)

C参入
  次の日昨夜の如くせよ
竟夜の御導師刻限等〔西宮記に曰く、晩に始まり晩に畢る、今夜の行事は蔵人を召すべきか〕
        初夜の御導師某大い法師〔亥二刻より子三刻に至る〕
        半夜の御導師某法師〔子三刻より丑二刻に至る〕
        後夜の御導師某大い法師〔丑二刻より寅三刻に至る〕
        法用は次ぎに任じ仕れ唄〔御導師〕、散花〔次第三〕、三礼〔次第二〕、呪願〔御導師一〕
  E法会
    後夜拝教畢りて錫杖〔九条〕
  G被綿
  但し、錫杖の文を誦すの間、綿を導師以下弟子以上に被く
第三当願の間被綿
        五位の蔵人六位の蔵人を率いて殿上の戸より出ずる
        堂童子座の末の東並に孫廂の灯楼の東等を経て北行し内侍の簾下に就く、綿二筥を取り六位に持たしむ
        庇の北一間より登先ず礼盤の下に到り導師の肩に被く
        次ぎに僧座の後ろに到り次第にこれを被く庇の北一間より登先ず礼盤の下に到り導師の肩に被く
        畢りて五位の蔵人公卿座の末を経て退出す
    五位の蔵人一人〔六位二人〕綿を被け給う〔内侍の簾下に就き共に之を取る弟子以上入筥を給う〕
  六位の上﨟空筥を下﨟に授け弟子僧の座の前に到り又下﨟綿筥を取り次第に之を被く
        畢りて共に退出、其の筥殿上の方より内侍所に渡す
        訓廻向畢り三礼〔第二導師本座に在り乍ら勧め奉る〕
  H行香
行香〔初夜行香無し、
結願の後、王卿侍臣常の如く行香す〔堂童子の六位奩を分かつ〕
次に行香の事有り
        先ず火舎取の蔵人を召す
    六位以上行香の机下に就き、
  行事〔蔵人〕公卿座の末並びに前を経額間に到り行香の机下に就く
        頗る乾に向かい居す
    王卿座を起つ
  次に王卿本座に於いて剱を解き笏を置く
    又庇より渡り額間の至、庇一間に跪く導師を経た後、僧座の北頭より入り行香す、
  孫廂を経て額間より上る
        居し行香の机以東に列す〔南面西上〕
    堂童子火虫也を取る、奩を授け先の如く還出す、
  行香の蔵人奩を頒ち、導師礼盤の下に立ち向かい公卿等廂より南行す
        導師先行す

H行香
    次に母屋の三間より入り諸僧を行かす
        畢りて行香人暫く立ち母屋の南一間の北の簾下に列す
        更に廻り三間並に庇南の一間より出る
    奩を置きて本座に復す〕
  火虫也を取り公卿の後に随い香を受け庇より独り北行し行香の机下に到る
        公卿孫廂より北行し、額間より昇り本の如く列す
        行香の蔵人奩を収め畢る間、頗る奩を鳴らす
        (説明)終りの由を知らしむ為なり
        公卿一々下﨟より起る、孫庇を経て着座す
        行事公卿座の前並びに末を経て退出す
  I給禄
三礼の間王卿以下庇に跪き笏を挿し禄を取る、六念の後一々僧に給う〔五位の蔵人内侍の簾下に就き王卿に授け取り伝う〕
  次に三礼、次に禄を給う〔六念の間これを給う〕
        五位の蔵人一人召し依りて孫廂を経て内侍の簾下に就き跪き居す
        公卿一々起座し簾下に跪く
        五位の蔵人禄を伝え之を奉る〔公卿笏を挿し之を取り、御導師料紅染褂一領〔近代白を用いる〕襖子一領、次第僧料支子染衾一条〔近代黄〕〕
    王卿本座に還る
  額間より給し畢り〔笏を抜き第一人上卿座、以下公卿座の末を経て復座す〕
  K退出
僧下る
給禄畢りて僧等退下す
次に僧侶退下す
  J名対面
出居問う、誰誰か侍る〔殿上の近衛、侍臣の座に交居し、之を問うべし〕
  次に名対面
    王卿以外滝口已上名を謁す〔地下の出居あるは殿上六位の後名を謁せ〕
   
 
六位等王卿の座に重ね居突す〔内蔵寮の設くる所なり、肴・署預の羹等なり〕二献の後署預の羹を居う
名対面の後、酒肴署預の羹を王卿に給う
次に署預の羹を居う〔殿上五位以下之を居う〕
  K退出
三献の後王卿下る〔二・三献を待たず、一・二夜酒肴無し〕
  公卿退下す〔両三前に居う間退出す〕
  遊び
尽所の御導師採り用いること有らば、今夜加え召す
事畢りて或いは御遊び有り
往年御遊び有り、近例見ず
  補足
    荷前の夜に当たるは時刻を奏せず〔承平七十二廿七、近例皆之を奏す〕
        (頭書以下略:給禄の前例、法会後の遊び、糸竹の道の通ずる僧侶の記事有り)
  戻る
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.