ざさいたま
アバウト ギャラリー コンピュータ その他 リンク集

平安時代の儀式を読み解く

 平安貴族にとって儀式は政務の中心であり、儀式を円滑に遂行することが求められた。儀式書は儀式の次第を要領よくまとめ、筆者自身の備忘のため、後の世代の貴族のために書き残したマニュアルである。儀式書を読み解くことは、儀式次第を明らかにするだけではなく、彼等の関心やその意義を摑むのに役立つ。平安時代に基礎ができた我が国の文化を考える上でも極めて有用である。儀式個別の予備知識は、先行研究の蓄積により辞書類を引けば手に入れることができる。参考文献欄にある論考なり書籍を手に入れ読みさえすれば、場所や次第などの情報をおさえることができる。しかしそれだけでは儀式書を読むことはできない。理解するためにはなによりも、儀式が行われる空間を知らなければならない。
 「大盤所」を例にとる。清涼殿のなかにある空間であることはわかるが、清涼殿の何処に位置するかはその空間のイメージ、換言するとより詳しい情報が無いといまひとつわからない。儀式中参列者は移動する。内裏の位置関係を正確に把握していないと彼等の行動を追うことができない。儀式を解釈するためには、儀式の意義・場所や次第、その上で登場人物の立場・役割なども把握し、さらに儀式が行われる内裏の空間についても理解する必要がある。
 本論考を俯瞰すると以下のようになる。第一章「内裏の復元」と第二章「儀式の図面的解釈」の二つに分かれている。
 「内裏の復元」では儀式解釈のために必要な図面の作成を中心にまとめた。「裏松光世」と「コンピュータを用いた内裏図の作成」に分かれており前者では裏松光世と彼の著作『大内裏図考証』について紹介し、裏松光世の生涯を概観して、近年における裏松光世と『大内裏図考証』に関する研究をまとめた。後者の「コンピュータを用いた大内裏図の作成」では、光世の成果をもとにして近代的な手法を用い、内裏の空間が一目でわかる図面を作成した。『大内裏図考証』から如何に内裏を復元するのか、作成した内裏図をより完成に近づけるための方法を示した。
 本論考の後半にあたる「儀式の図面解釈」では御仏名と追儺という共に十二月に行われる儀礼について取り上げた。コンピュータで作成した図面を使った図面的解釈をそれぞれに試み、その有用性と問題点を示し儀式の時代的な流れ清凉殿と紫宸殿の場所の違いについても検討を試みた。精巧な図面があればこそできる解釈を試みたい。最後に全体の内容を総括し今後の展望を示した。
 昨今ではコンピュータの活用によって科学分野で成果があがり話題を集めている。本研究は、コンピュータを用い内裏図を作成することによって古来より行われてきた宮中儀式を解き明かそうというものである。文化方面に於いて少ないコンピュータの活用を促したい。
(小宮和寛)
  戻る
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.