ざさいたま
アバウト ギャラリー コンピュータ その他 リンク集

Xcodeとportsの導入

Macはフリーソフトが少ないというが

 フリーソフトの数はLinux等に比べたら少ない。フリーソフトを扱っている、日本語サイトは少ないことは事実であるが、フリーソフトについてはWindowsの場合より寧ろ多い。WindowsではLinux等のフリーソフトの多くはたいてい動作しない。
 現在のMacはUNIX(BSD)をもとに作成されている。OS9の時代とは違い、殆どのLinux等で動作するソフトはMacで動作してしまう。Linux等で動作するソフトはGUI(マウス等を使って操作するタイプ)が殆どついていない。そのためにMacで利用出来きるソフトが少ないとと思われているだけなのだ。Linux等で動作するソフトをMacで利用しない手はない。
 そんなLinux等のマウスで利用出来ないソフトはどのように使うか。ターミナル上で操作することもあれば、他のソフトウェアと協調して動かすものもある。「そんなの一部のハッカーが使うようなもので普通は使えない」普通はそう考える。
 ソフトはすぐに使えるマシン語に変換された状態のもの(バイナリコード)もあれば、テキストファイル(ソースコード)で提供されいて、自分でバイナリコードを生成(コンパイル)しなければならないものもある。Linux等で提供されるソフトは殆どが後者である。

 ご安心を、上記の作業はその手順をほぼ自動化する環境が整っているのだ。そんなに怖がるほどのものでもない。按ずるより産むが易し。まずはコンパイラから調達してみよう。

コンパイラの調達

 MacOS Xの場合、Xcodeというソフトウェアの中にコンパイラが含まれる。Xcodeはgcc(GNU Compiler Collectionの略、これもフリーソフトにアップルが手を入れている)等が含まれている。
 Xcodeは比較的新しいものが良い。Appleのサイトからダウンロードすると良い。ダウンロードする際には無料の開発者登録を行なわないといけない(Appleの開発者登録をしたくない方は、インストールディスクに含まれるものを利用するとよい)。ダウンロードしてインストールを完了させよう。

コンパイラの確認

 ターミナルを起動してで存在を確かめる。
#gcc
 と入力してEnter。
PowerPCの場合
powerpc-apple-darwin8-gcc-4.x.x: no input files
Intelの場合
i686-apple-darwin10-gcc-4.x.x: no input files
 上記のようになればインストールに無事成功(環境によって文字は違う)。

MacPortsのインストール

 MacPortsとは、インターネット上にあるソースコードをダウンロードして、gcc等のコンパイラにダウンロードしたソースコードを渡し、バイナリコードを生成し、その後適切な位置にソフトウェアを配置し、動作可能な状態にするソフトウェアだ。BSDのそれのMac版である。
 つまりターミナルで簡単なコマンドを入力すれば、ソフトウェアがインストール・アンインストールできる優れものだ。ソフトウェアの依存関係も解決してくれる。
 MacPorts公式ダウンロードページへのリンク(恐ろしく地味なページ)から対応するバージョンを選んで、ダウンロードしインストールする。このソフトウェアのコミュニティーは活発で、日夜新しいソフトウェアが移植されたり作られたりしている。

MacPortsの確認

ターミナルでダウンロードしたMacPortsのアップデートを確かめる
#sudo port -v selfupdate
Password:
 パスワードはログイン時のパスワードを入力(入力してもなにも出ない、こういうところはUNIX流儀、入力中にアステリスクが出るなどのバカなまねはしない)。正しく入力して「Enter」を押す。アップデートの処理が確認できれば成功。
 ついでにリポジトリ(ソフトウェアについての情報)のアップデートも行なう。
#sudo port -v sync
 アップデートの処理が確認できれば成功。

wgetのインストール

 インターネットからファイルを取得する高機能なダウンローダー「wget」をインストールしてみよう。このダウンローダーはなかなか優れものだ。
#sudo port -v install wget
 先ほどから「sudo」というコマンドを入力している。スーパーユーザー(本当は違うユーザーになるという意味)になるときのコマンドだ。Macのシステムを変更をしたいときに、権限を取得するために入力している。初めて入力したり、時間をおいて入力する場合、パスワードが聞かれるのはそのためだ。「-v」は冗長モードと呼ばれるオプションで、通常より多くのメッセージをターミナル上に出力する。コンパイルされていく様子がなんともコンピュータくさい。
 以上で準備完了である。次回はemacsのインストールと設定を行ないたい。
  戻る
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.