ざさいたま
アバウト ギャラリー コンピュータ その他 リンク集

Macminiサーバ(AFP編)

FTPはお手軽であるが

 ファイルサーバを公開するとき、どのようなプロコトル使うか。通常はFTPであろう。そんなポピュラーなFTPであるが一つ困ったことがある。認証を行なうときにパスワードを平文で送信する、というとんでもない仕様である。暗号化されてないパスワードを含むパケットが、インターネット上に放流されることになる。
 FTPの認証プロコトルをSSH等で暗号化するという手法もある。そんなことするならSSHで利用できるSFTPプロコトルを利用したほうが、認証だけでなく通信自体も暗号化でき合理的である。しかし、SFTPはコマンドライン、つまりターミナル上でしか利用できない。勿論GUIで操作するクライアントソフトもあるにはある。如何せん、別途インストールが必要となり面倒である。MacユーザーにはAFPを使った共有のほうが都合がいい。
 しかし、インターネットでAFP共有を使い、ファイルを共有するときに困ることがある。MacOS X TigerでAFP共有を有効にした場合、ゲストでのアクセスを許容してしまう。Leopardからはゲストアクセスを無効化するオプションがある。Tigerにはどうもそのようなオプションは見あたらない。
 結論からいうと、Tigerでも無効化できる。マウスを使って設定するのではなく、設定ファイルを書き換える必要があるのだ。これがわかるまで時間がかかった。知らないとはまるのである。

手順

設定ファイルの位置
/Library/Preferences/com.apple.AppleFileServer.plist
 Property List Editor(事前にXcodeをインストールしている必要あり)を使ってレコードを書き換える。
ゲストアクセス
guestAccess
 ついでにログも取るように設定
ログ取得
activityLog
 これでAFPのデーモンを再起動させれば、公開する準備は整った。
  戻る
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.