ざさいたま
その他 奥多摩 自転車 音楽 リンク集

多摩とは

曖昧な言葉である

 小さい頃、多摩地域具体的には八王子に引っ越してきた。「多摩」という単語の定義は曖昧である。八王子は「多摩」に含まれている。子供ながら「多摩」について聞いてみると、一様な答えが得られないばかりか、人によって答えが齟齬し困惑した覚えがある。判ったことは、八王子近隣は多摩地域に確実に含まれていることぐらいである。
 その後、深く考えもせず「多摩」とは東京都の田舎全域ぐらいに考えていた。自転車に乗るようになると、サイクリングコースを紹介したくなった。現在は青梅に住んでいるため、ひとまず奥多摩の峠を中心にレポートをすることにした。ここで「多摩」という言葉が引っかかってくる。そもそも「多摩」とはいったいどこの地域を示しているのだろうか。

見えてきた多摩

 多摩地域とは現在の東京都から旧東京市と島嶼地域を除く部分をいう。具体的には西多摩郡、旧南多摩郡、旧北多摩郡である。これが三多摩である。問題はこれら以外の地域も多摩と称する。奥多摩もやはり多摩である。奥多摩は西多摩郡と埼玉県南西部、山梨県東部、神奈川県北西部を総称する地域の名称である。多摩と奥多摩それぞれ共通する地域がある。多摩地域と奥多摩を明確に切り離すことは出来ない。これらの地域を行政では広域多摩地域と呼んでいるようである。また、西多摩地域に山梨県北都留郡を含めた区域を大多摩1)と称する。「多摩」が見えてきた。
 「多摩」とは通称であり、東京都の山岳地域を中心とした隣接地域の総称で、具体的には東京都の西多摩郡、旧南多摩郡、旧北多摩郡に加えて埼玉県南西部、山梨県東部、神奈川県北西部の謂いである。
 平たくいうと東京近郊の丘陵、山岳地域である。

子供の疑問

 上記のような複雑な事情のため、人によって「多摩」の説明が異なったわけだ。子供の疑問に答えた形ではあるが、厳密に多摩を定義したわけではない。秩父と称するべきなのか、多摩と称するべきなのか判然としない地域もある。隣接する地域は皆そういう問題を孕んでいるが、ひとまず言葉としての実用上の問題が解決できた。
 サイクリングガイド「多摩の峠ヒルクライムコース」ではこの多摩地域を中心とした坂道を紹介していきたい。

注:
 1)大多摩は大衆小説家吉川英治氏による造語らしい。
  戻る
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.