ざさいたま
その他 奥多摩 自転車 音楽 リンク集

ペダル MKS MM-Cube EZY

やはりビンディングにしたい

 購入時に比較的ハイグレードなペダルを取り付けたため満足していた筈であった。それにもかかわらず、またペダルを購入してしまったのである。何故か。自転車の性能が良くなったため、この際ピンデングにしてさらに乗りやすくしようと思ったのである。愚の至りである。

怖いのは「立ち転け」

 フラットペダル1)からビンディングペダルにすると、怖いのは「立ち転け」である。信号待ちなので、停止したときに、ピンディングを付けているのを忘れてしまい、降りようとするさいに脚が外れなく焦り、転倒することをいう。転倒だけならまだいい。もし、車道側に転倒してしまったら最悪の場合事故に繋がるのだ。初心者には怖い事である。この「立ち転け」は多くの人が経験することのようだ2)。本格的に使う場合は、練習をしなくてはならない。
 そうはいうものの、引き脚3)の力を生かせるビンディングはやはり魅力的である。危険はあるのにしても挑戦してみたくなる。それがビンディングペダルに踏み切った次第である。

ピンディングにも種類がある

 ビンディングペダルは大きく分けて2種類ある。各社が独自の機構を備えているため、更に細分化することはできるが、ロード向け4)、MTB向け5)に大別できる。一般にロード向けは脚を強力に固定して、ペダルに伝わる力を最大限に引き出せるよう設計されている。MTB向けに比べて外しにくく、且つ対応する靴は歩くことを想定していない。
 一方、MTB向けのものは脱着がロード向けのものより容易で、ビンディング用の靴でも歩きやすい。しかし、ロード向けに比べて若干の遊びがあるため力の伝達ロスは否めない。
 さらなる危険を承知でロード用のペダルにするか、それとも脱着が容易なMTB用ペダルを付けるかで悩んだ。RHM9にあわないのを承知であるが、実用的なMTB用のペダルを購入することに決めた。私はレーサーではないのである。そこまでスピードは求めない。またMTB用のペダルMM-Cube EZYにすると、前回購入した脱着ペダルMKS PROMENADE-EZYと併用して利用することが可能なのだ。同じシステムのため、工具を使わずにペダルを交換できる。

 購入直後に撮影すべきであったが、待ちきれず乗ってしまった。多少瑕があるのはそのためである。

引き脚の効果は絶大

 フラットペダル使用時、坂道では、ある程度の速度で進まないと却ってつらかったが、ビンディングを利用すると低速でも無理なく上ることが出来るようになった。平地でもいままでより少ない回転で目的の速度に到達することできる。信号からのスタートではこれまでより楽に行えるようになった。引き脚の効果はある。
 使用して今のところお約束の「立ち転け」はしていない。そのうちするのだろう。そのときは覚悟しておこう。

諸情報

メーカーサイト

 http://www.mkspedal.com/seihin_annai/MM-Cube-Ezy.htm

注:
 1)通常の平面になっているペダルのこと。ピンディングペダルに対してこのように呼ぶ。
 2)転倒しない人もいるらしい。私のまわりでは多くの人が実際に転んで恥ずかしい思いをしているとのこと。
 3)ペダルは通常踏み込んだ時に回転エネルギーに変えることができるが、ペダルと脚が固定されているため脚を戻すときのエネルギーも回転エネルギーに変えることができる。
 4)Shimanoで言うところのSPD-SLペダル。
 5)Shimanoで言うところのSPDペダル。
  戻る 次へ
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.