ざさいたま
その他 奥多摩 自転車 音楽 リンク集

養沢

五日市の穴場

 JR武蔵五日市駅からスタートする自転車乗りは、「梅野木峠」に代表される青梅三兄弟を目指すか、「風張峠(奥多摩周遊道路)」を目指す。どちらもメジャーなコースであるものの、初めてのヒルクライムコースとしては手強すぎる。初心者向きコースがあってもいいのではないだろうか。青梅三兄弟の中には「二ツ塚峠」などの軽めの峠があるが、交通量が多くヒルクライムという感じはしない。自転車で通り抜けることはできないが、奥多摩らしさがある初心者に勧められるコースがある。養沢散策ルートである。

入門コースに最適

 JR武蔵五日市駅から奥多摩方面に向かう。そして十里木の信号で右折する。そこから一旦下り、徐々に標高を稼ぐ。ロードバイクで行ける限界地点1)は標高400mぐらいまでである。交通量も少なく、奥多摩らしい景色が広がる。本格的なヒルクライムコースに取り組む前に、このような軽い坂道で練習するのもいいだろう。支線も多く存在するため、少しきつめの坂を体験するのもいいかもしれない。尚、地図上の赤線で示した支線はロードバイクで走行可能であるが、かなり手強い
 ところで地名の養沢はなんと読むのであろうか。調べたところ【ようざわ】と発音するようである。読みにくい地名である養沢は、鍾乳洞の密集地でもある。既に閉鎖された所もあるが、三ツ合鍾乳洞大岳鍾乳洞、養沢鍾乳洞2)等がある。残念ながら鍾乳洞見学はロードバイクでは難しい。登山道の中にあったり、ダートの先にあったり、駐輪場所に困ったりするからだ。


より大きな地図で 養沢 を表示

風景

 写真上:沢は綺麗で心地よく、奥多摩らしさも味わえる。
 写真下:このような神社もある。

注:
 1)限界地点には柿平園地便所という公衆便所があり、登山道と合流する。さらに奥にはダートが続いているが、ロードバイクでは行けそうもない。
 2)養沢鍾乳洞は現在(2012年時点)閉鎖されており、入洞不可。
  戻る 次へ
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.