ざさいたま
その他 奥多摩 自転車 音楽 リンク集

今川峠

近いようで遠い

 小菅村と丹波山村は近いようで遠い。どちらとも山梨県に属し奥多摩湖に近く、一つ山を隔てただけである。この山が曲者で地理的に近いにも拘わらず、山を迂回し二つの村を行き来するのには奥多摩湖まで戻らないといけない。迂回すると遠い。山は中指山と鹿倉山が連なり構成されている。二つの山の間は僅かに標高が低い。ここを横断する道が「今川峠」である。知っていれば小菅村と丹波山村はぐっと近くなる。

ローラーすべり台の坂

 丹波山村は日本一のローラーすべり台1)で有名である。自転車乗りの間ではすべり台にちなみ「ローラーずべり台の坂」と呼ばれている。峠の名称よりこちらのほうがしっくりくる方も多いのではないだろうか。噂によると手強い峠道で、殊に小菅村からは勾配は厳しいとのことである。坂はコンパクトにまとまっており、小菅村と丹波山村を最短距離で繋ぎ利便性が高い。乗り慣れている方であれば、迂回路を使うより早く目的地に到達できるのではないだろうか。「風張峠(奥多摩周遊道路)」で物足りなく、少し脚を伸ばすにはもって来いの道である。両区間とも生活路として整備されており、走りやすい。


より大きな地図で 今川峠 を表示

風景

 写真上:峠は切り通しとなっており、眺望は望めない。
 写真下:僅かに展望が開けるが、ご覧の通り山である。

小菅側

 局所的に17%の区間がある。慣れてないと手強いだろう。鬱蒼とした杉林が広がる。展望は開けない。「松姫峠」の分岐通り越して右側の道に入る。

丹波山側

 ローラすべり台付近まで勾配が厳しいが、全体的に落ち着いた峠道である。尚、村役場から山梨方面に向かうと、有名な「柳沢峠」や一ノ瀬高原にあるマニアックな「犬切峠」にアクセスできる。

注:
 1)完成当時。2012年現在、静岡県にある日本平動物園のものが最長である。
  戻る 次へ
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.