ざさいたま
その他 奥多摩 自転車 音楽 リンク集

小津坂峠

名前がわからなかった

 本企画は多摩地域の峠を網羅的に紹介することを目標としているため。この峠も紹介しないわけにはいかない。しかし、名前がわからなかったのである。どうも「小津坂峠」【おつざかとうげ】1)という名称のようだ。名前がわかれば紹介できる。

小さいときの思い出から

 「和田峠」を紹介する時、私の小さいときの思い出を紹介した。少年時代は麓の陣馬高原入口まで行っていつも引き返していた。その帰り道、父が「小津に小振りな坂があるので上ってみないか、この道を通れば短い距離で自宅に到着できる」という。その頃の私はこれといって自転車が好きではなかった。否、正直好きでは無かった。坂は苦痛そのものであった。結局、この坂を上ることになる。私にはあまりにもきつく感じられ、迂回したほうがいいように感じた。そんな思い出の坂である。いまからしていると不思議である。体力的には大きく成長したが、あれほど嫌だった自転車がここまで好きになってしまうとは思わなかった。

坂の情報

 坂は小振りで、難なく上れる筈だ。特別に厳しい箇所は無い。ついでに、JR武蔵五日市からのよいコースを紹介しよう。「入山峠」「小津坂峠」「戸沢峠」「小峰峠」の順に道を結ぶと輪ができあがり、元のJR武蔵五日市に戻ることができる。輪行派にはお勧めである。


より大きな地図で 小津坂峠 を表示

風景

 写真上:恩方側には里山が一望できる区間がある。
 写真下:峠には斜度10%パーセントを示す掲示板がある。

小津町側

 バスロータリーが峠の入口である。

恩方町側

 入口はわかりにくい。ます釣り場付近の「小津」と書いてある標識の道から入る。

注:
 1)インターネットによる情報。未確認。
  戻る 次へ
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.