ざさいたま
その他 奥多摩 自転車 音楽 リンク集

戸沢峠

峠のミニチュア

 コンパクトな峠というと、つづら折りがなく急で休むところがないが、その代わり短い峠をいう。この峠はそうしたコンパクトな峠でなく、一言でいえばミニチュアである。坂を登る、そしてに至り下るという要素はたしかにある。しかし、一般的な峠に比べて短く緩い。

便利な道

 このような魅力に乏しい峠を紹介する必要があるのか。それは以下の理由によるものである。ここを使うことで五日市から八王子の峠へのアクセスが容易になる。峠サイクリングを行う場合、目的の峠以外での体力の消費は避けたい。地図に峠と書いてあれば、迂回して体力を温存するのが賢明だ。しかし、心配は無用である。坂は緩いので通常の道と同じような感覚で自転車を漕ぐことできる。体力の消費は問題にならないため、抜け道として有用である。
 近くに採石場が密集している地区のため、ダンプカーの往来が激しい。幅広の歩道があるので、自転車で走行する場合はそちらを利用したほうが無難である。平行して「糀谷・山入林道」が走っている。


より大きな地図で 戸沢峠 を表示

風景

 写真:ご覧の様に坂は緩いが、交通量は多い。

美山側

 ボタン式信号1)。ボタンを押さなければ待っていても歩行者は渡れない。

川口側

 下りてすぐの信号は同様にボタン式であるが、タイミングが特殊である。「小峰峠」が近くにある。

注:
 1)夜間ボタン式信号はお馴染みであるが、これは常時ボタン式信号である。歩道を利用する場合は意外とはまる。
  戻る 次へ
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.