ざさいたま
その他 奥多摩 自転車 音楽 リンク集

入山峠

複数の峠(pass)をパス

 一般的に五日市から陣馬高原までは複数の峠を経由する。「小峰峠」(もくしは新小峰トンネル)、「戸沢峠」を越えて「小津坂峠」を越えなくてはいけない。勿論、全て迂回できるが、距離が長くなるのでこれらの道を経由するのが一般的であろう。ところがこれらの峠を全てパスして、一挙に陣馬高原入口に至ることができる。「和田峠」直通の峠なのである。

和田峠よりも魅力的かもしれない

 観光的観点からすると、「和田峠」より魅力的である。自転車誌などであまり紹介されてないのも不思議だ。林業作業用道路であるため、採り上げにくいこともあるかもしれない。登り甲斐もあり、景色も良い。市道山及び刈寄山への登山道に繫がっている。以前ダートを残していたが、現在は完全な舗装路となっている。また新設の支線も整備されつつあり今後も開発が続けられそうだ。峠付近には不気味なトンネルがある。トンネル近辺の景色は良い。霧がかかったとしても、トンネルと霧が出す幻想的な風景になる。


より大きな地図で 入山峠 を表示

風景

 写真上:峠付近の伐採区間。伐採が行われていて眺望は良好。
 写真下:山の奥に広がる都市。

五日市側

 入口は採石場を越えた所にある。水の音を聞き、涼しい風を感じながらヒルクライムに取り組める。が、落石が多く注意しなければパンクは必至だ。景色に見とれてパンクしてはいけない。

八王子側

 車での通行は不可。連続したつづら折りが続くため坂は緩め。頂上付近に広葉樹が密集しているため、紅葉のシーズンになると綺麗である。道は綺麗であるが、落石や崩落1)が無いわけではない。下りると「和田峠」「醍醐林道」に続く道がある。

注:
 1)2012年5月27日時点での崩落箇所は通行可能であるが、自転車に乗ったまま通行することはできない。2012年8月4日には道は多少綺麗になり、気をつければ自転車に乗ったまま通行できる。
  戻る 次へ
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.