ざさいたま
その他 奥多摩 自転車 音楽 リンク集

二ツ塚峠

リハビリにどうぞ

 青梅五日市間を最短で結ぶ画期的な道である。ヒルクライムの入門的な峠として近隣のローディー1)の人気スポットだ。慣れてしまうとトレーニングコースではなく、交通路にあるちょっとした坂ぐらいにしか感じなくなってしまう。ヒルクライムコースとしてはぬるい。ぬるいと言っている私は、実はお世話になった。自転車を再開した時は何度も足つきをしてしまったのである。そして、しばらくして登れるようになり、そして10kg程度の荷物を背負ても登れるようになった。近隣の「梅ヶ谷峠」を周回するようにコースを組めばリハビリメニューになるだろう。

排ガス、生活感有り

 五日市側は処分場と複合した木材関係の施設複数ある。峠にある廃棄物処分場2)は残念ながら一般人立入禁止である。ダンプカーの通行が多く、排気ガスも多く、森林浴をたのしめる手の峠ではない。ところどころ旧道3)が顔を覗かせるが、完全な旧道走行は考えないほうがいい4)。ぬるい坂では飽き足らない方は、近くの「梅野木峠5)に行ってもらいたい。


より大きな地図で 二ツ塚峠 を表示

風景

 写真上:二ツ塚処分場入口
 写真下:峠手前、眺望は期待できない

青梅側

 自転車を初めて間もない頃、ズルズル続く坂はしんどいに違いない。

五日市側

 青梅側より若干標高が高いため、少し短い。

注:
 1)ロードバイクに乗る人のこと。MTB側からの蔑称であったが一般化した。
 2)http://www.tama-junkankumiai.com/works/futatsuzuka/参照。
 3)悲劇の二ツ塚峠伝説。厳密には別の峠であり、現「二ツ塚峠」は「旧京塚峠」である。
 4)一部立ち入り禁止区域の中にあるが、登山道を利用すればMTBで走行することができる。
 5)自転車乗りの間では「梅野木峠」「二ツ塚峠」「梅ヶ谷峠」を総称して青梅三兄弟と呼ばれている。
  戻る 次へ
saitama web-framework (c) 2007-2012 thesaitama. All Rights Reserved.