台中〜高雄(2日目)

クズでも宝覚寺の大仏は富をもたらしてくれるだろうか?

金でにこやかな大仏はいかにもって感じである。

腹や耳を触れば幸福をもたらすというが

私は基本そんなことは信じない。

それよりも注目したいのが

このアンバランスな本堂である。

 

宝覚寺の本堂

 

日本との関わりが深い寺だが

本堂を保護するための建物が西洋チックである。

 

ここから台湾の中央に向かい

天然湖の日月潭を目指す。

この湖は北側が太陽の形

南側が月の形をしていることから

そう呼ばれているが

ちょっと無理矢理のような気もする。

 

文武廟 日月潭

 

私が求めているのはこういうものですよ。

本当はカフェでのんびりしたいところだが

観光時間があまりないので

早歩きで絶景ポイントを探し

一通り回ってみた。

山に囲まれているので

自転車も気持ちよさそうである。

実際ローディーを何度か見かけた。

ガイドさんが食べていたあんずアイスを15元でゲット。

この後埔里(プリ)で昼食。

ここが台湾のど真ん中らしい。

紹興酒が一番美味いみたいなので

飲むしかないなと思ったのだが

値段が高すぎて諦めた。

 

キリンバスで北回帰線標誌へ。

台湾には北回帰線が通過している。

地軸が斜めになっているのがポイントである。

確か夏至に太陽が一番高くなるんだよな。

花蓮側にもあるようだが

それは後程行くようだ。

 

北回帰線標誌

 

別になんちゅうこっちゃない。

観光客もほとんどいない。

台南へ移動。

 

赤嵌楼 ドラゴン

 

ドラゴンが気に入りました。

高雄へ移動。

本当に移動ばかりです。

 

蓮池潭

 

高雄というとこれを思い浮かべる人は

多いのではないでしょうか。

龍の口から入り虎の口から出ると

厄落としになるそうで

虎の口から出るときに

息をフゥ〜と吐くといいそうです。

こうなれば最上階まで登ってやるよ。

 

龍虎塔からの眺め

 

メタルの雄叫びをあげました。

F********K!!

ジョークです。

 

亀?龍?

 

龍なのか?亀なのか?

どちらもです。

風水で知られる龍亀。

瑞獣四天王の2つを合わせてしまったわけだが

一般的には財を招くといわれている。

しかしこれは触る箇所で効果が違うらしい。

まあ信じないけど。

 

最後に予定を変更して寿山公園へ。

ここは別名LOVEの丘と言われているようで

デートスポットらしいのだが

観光客いたらムードぶち壊しやん。

高台にあるのでバスで行くには技術力が必要。

しかも野良犬多しです。

 

LOVEの丘 寿山公園からの高雄港

 

高雄港が見えます。

遠くには観覧車も見えます。

夕暮れ時でちょうどよかったかもしれません。

アベックもいましたが

何やら撮影会みたいな連中もいました。

私たちだけ定刻ギリギリ。

この後ホテルに帰り近場の夜市へ。

またビール買って帰りました。

バイバイ!

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です