バンド「NORDIC UNION」

PRETTY MAIDSのヴォーカルである ロニー・アトキンスと

ECLIPSEのマルチ・プレイヤーであるエリック・モーテンソンが

新しく始動させたプロジェクト。

察しがつく通り叙情サウンドと哀愁ヴォーカルの

北欧メロディック・ハードである。

 

NORDIC UNIONメンバー

 

クレジットされているメンバーはこの2人だけである。

なぜこのようなプロジェクトが誕生したのか?

それはフロンティアーズ・レコーズが開催したフェスに

PRETTY MAIDSが参加した際に

オーナーがロニーにオファーを送ったことが始まりらしい。

そこにメロディ・メーカーのエリックを組ませるあたりが憎い。

 

2016年 1st  NORDIC UNION

 

NORDIC UNION

 

1. The War Has Begun

2. Hypocrisy

3. Wide Awake

4. Every Heartbeat

5. When Death Is Calling

6. 21 Guns

7. Falling

8. The Other Side

9. Point Of No Return

10. True Love Awaits You

11. Go

BONUS TRACK

12. When Death Is Calling (ACOUSTIC VERSION)

 

ドラム以外は全てエリックが担当し

ドラムは元ECLIPSEのマグナス・アルフステッドが叩いている。

また同じECLIPSEのマグナス・ヘンリクソンや

NECROPHOBICのフレドリック・フォルカレなどが

ゲストとしてギター・ソロを弾いている。

このプロジェクトを知ったときは

正直エリックと組ませたいシンガーは

他にもっといると思ったが聴き込んでみると中々良い。

まあ外れることはないのだが

エリックがロニーに合わせた感じがして

エリックらしいもっと強力な曲が欲しかったところ。

手堅い仕事をしたという印象で

悪くはないのだがもっと期待したファンはいると思う。

ただしギター・ソロは輝いていて

エリックの持ち味が生きている。

言っちまえば最近のPRETTY MAIDSより

こっちの方が良いんだけどね。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です