本「黒笑小説」

2005年刊行 2008年文庫化

著者:東野 圭吾

 

黒笑小説

 

もうひとつの助走

線香花火

過去の人

選考会

巨乳妄想症候群

インポグラ

みえすぎ

モテモテ・スプレー

シンデレラ白夜行

ストーカー入門

臨界家族

笑わない男

奇跡の一枚

 

笑小説シリーズの第3作目。

「怪」「毒」ときて今回は「黒」

実にうまいタイトルのつけ方だ。

 

作家の寒川は文学賞の選考結果を編集者と待っていた。

「賞をもらうために小説を書いているわけじゃない」と格好をつけながら

内心は賞が欲しくて欲しくてたまらない。

一方、編集者は「受賞を信じている」と熱弁しながら

心の中で無理だなとつぶやく。

文学賞をめぐる人間模様を皮肉たっぷりに描いた

「もうひとつの助走」をはじめ

黒い笑いに満ちた傑作が満載。

 

タイトルにもあるし

目次を見てみるとブラックな内容を

期待させるのだが

どうも今ひとつな印象。

なんかこのシリーズを連続して読んでいると

次第に飽きてくる。

息抜きを連続で読んでいるのだから仕方ないか。

概要にもあるように

作家・寒川や新人作家・熱海の

連作となっているものもあり

そこは「怪」や「毒」とは違う部分である。

作家の寒川を自分自身と重ね合わせて書いていたのかはわからないが

それを想像して読んでみると面白いかもしれない。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です