本「怪笑小説」

1995年刊行 1998年文庫化

著者:東野 圭吾

 

怪笑小説

 

鬱積電車

おっかけバアさん

一徹おやじ

逆転同窓会

超たぬき理論

無人島大相撲中継

しかばね台分譲住宅

あるジーサンに線香を

動物家族

 

笑小説シリーズと呼ばれているシリーズ初の作品。

その名の通り怪しい笑いのあるユーモア短編集。

 

年金暮らしの老女が芸能人の”おっかけ”にハマり

乏しい財産を使い果たしていく「おっかけバアさん」

“タヌキには超能力がある、UFOの正体は文福茶釜である”

という説に命をかける男の「超たぬき理論」

周りの人間たちが人間以外の動物に見えてしまう

中学生の悲劇「動物家族」…etc.

ちょっとブラックで、怖くて

なんともおかしい人間たち!

 

本当に東野さんは作風が幅広い。

笑いのツボは人によって違うというように

難しいと思われるジャンルだろう。

ただ長編の息抜き程度だったのかもしれないが

ある程度地位を確立して余裕を持っていたから

できたことだと思う。

東野さんの人格が強く表れているので

まともな長編しか読んでいないファンが読んだら

ちょっと戸惑うかもしれない。

そのために各作品のあとがきが設けられているみたいだが

この前紹介した自伝エッセイを読んでから

本作を読んだ方が妥当といえる。

内容としてはオチが読めるものもあったが

全体的にはそれほどブラックでもなく

笑いはあるが切ない部分の方が強いかもしれない。

読者にとっても息抜きには丁度良いだろう。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です