鶴峠・甲武峠

ついに本格始動だ!

 

奥多摩湖を抜け山梨県に突入したところに小菅村がある。

そこから上野原市棡原へと繋がる18号線が鶴峠だ。

 

 

 

兄貴のサイトでは奥多摩側はかなりハードということだが

この2枚の写真を撮るために止まっただけで

峠までの道のりはそれほど辛いと感じなかった。

息は切れていたけど足にはまだ余裕があった。

 

 

車は殆ど通らないが

峠には登山者用のバス停がある。

左上の看板に奈良倉山登山口とあるのがおわかりだろう。

 

 

残念なのは景勝地ではないこと。

棡原側の集落が望めるこの写真が一番の眺めではないだろうか。

以前はこの集落一帯は村だったらしい。

この峠の特徴である二瘤ラクダも楽々クリアし

一気に駆けおりた。

のはいいがここで最大のミスをした。

 

鶴峠の詳細

 

いくつか自販機があったのに

水分補給をするのを怠ってしまったために

次の甲武峠でかなりバテた。

やはり一人だとどうしても無理をしてしまう。

しかも甲武峠は疎か

檜原村を抜けるまで何もないという。

もし鶴峠と甲武峠のコンボを目指す方は

棡原で一休憩した方が身為である。

 

 

やはり一度に2つの峠を越えるのはきつい。

いくら易しい峠でも疲労は蓄積される。

なので鶴峠より易しいはずなのに心が折れそうになった。

ここには展望台があるらしいのだが…

 

 

これのことかなぁ?

 

 

そんなに景色良くないんだけどな。

富士が見えるらしいのだが

曇っているからだろうか魅力は感じない。

またリベンジするか。

 

 

この峠の象徴である

二つのトンネルを通って

速攻で食料補給に向かうのであった。

久々の長距離で疲れたわい!

 

甲武峠の詳細

 

走行時間:4時間27分

走行距離:102.23km

平均速度:22.9km/h

消費カロリー:1989kcal

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post.
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です