バンド「ART NATION」

私が注目している期待の新人。

それがスウェーデンのイエテボリから登場したART NATIONである。

薄毛の人にはビビッときそうな名前だ。

イエテボリと聞くとメロデス勢を思い浮かべるが

このバンドは好物のメロディック・ハード。

本人たちは比べられるのが嫌みたいだが

H.E.A.Tが好きな人は間違いなく気に入るだろう。

 

ART NATIONメンバー

(l. to r.)

Johan Gustavsson(ヨハン・グスタフソン)<g>

Christoffer Borg(クリストファー・ボルグ)<g>

Alexander Strandell(アレクサンダー・ストランデル)<vo>

Carl Tudén(カール・トゥーデン)<ds>

Simon Gudmundsson(サイモン・グズムンドソン)<b>

 

アレクサンダーがDIAMOND DAWNを脱退後

クリストファーとセオドア・ヘッドストロム<key>に

出会ったことにより物事がうまく進みだす。

彼はオーディション番組『Idol』に出演経験がある。

そうなると余計にH.E.A.Tと似通ってしまうのだが。

またカールはスウェーデンのドラム・コンクールの優勝者。

現在はサイモンが脱退し

女性ベーシストのレベッカ・トリエルスが加入している。

 

2017年 1st  REVOLUTION

 

REVOLUTION

 

1. Need You To Understand

2. 3000 Beats

3. I Want Out

4. Number One

5. Don’t Wait For Salvation

6. All The Way

7. Start A Fire

8. Moving On

9. Here I Am

10. Look To The Sky

11. Wage War Against The World

12. All In

BONUS TRACK

13. Leave It All Behind (PREVIOUSLY SELF – RELEASED)

14. Don’t Wait For Salvation (DEMO)

15. All In (DEMO)

16. Number One (DEMO)

 

日本デビューは2ndだが

好評だったのか1stも国内盤が発売となった。

この頃はキーボードのセオドアがいたので

2ndよりキーボードがフィーチャーされてる部分も多い。

やはり2ndよりは洗練されてはいないものの

新人ならぬ品格がここにはある。

際立っているのはやはりヴォーカルだろう。

彼の持ち味を生かした楽曲の幅は広く

これで国内盤が発売されなかったのが不思議なところ。

2ndが気に入ったならもちろんのこと

11月に来日が決定したので

行くのなら買うのはマストだろう。

因みにチケット発売日は明日なので速攻で買います。

 

2017年 2nd  LIBERATION

 

LIBERATION

 

1. Ghost Town

2. Maniac

3. The Real Me

4. Kiss Up & Kick Down

5. When Stars Align

6. One Nation

7. A Thousand Charades

8. Take Me Home

9. I’m Alive

10. Paralyzed

11. What Do You Want

BONUS TRACK

12. Walk My Own Way

 

先々月に発表された日本デビュー作。

前述したがキーボードのセオドアが脱退して5人編成になった。

また本作完成後にベースのサイモンも脱退し

後任には女性ベーシストのレベッカ・トリエルスが加入。

レビューを読んだときからビビッと来るものがあった。

1曲目からかっこいいの一言。

キラー・チューンとなり得るほどの輝きがある。

アレンジも見事でもはやメジャー感が漂っている。

キーボードが抜けたからかギターがハードになっており

アレクを引っ張っていく場面も多い。

そして強みであるバラードも進化していて

盛り上がっていく様はドラマティックである。

メロハー・ファン必須の一枚となりそうだ。

バンド「MASTODON」

最近流行っているSNSの「Mastodon」ではなく

アメリカの人気バンドをご紹介。

前者の開発者はこのバンドのファンらしく

そこでそのままネーミングしたようだが

造語だろうし問題にならないの?

と思ったら造語ではなく

過去に存在したゾウに似た動物らしい。

てなわけで2000年にジョージア州アトランタで結成された彼ら。

結成当初は専任ヴォーカルがいたようだが

デビュー前には脱退し

その後は仲良く4人で活動している。

(仲がいいのかどうかはわからないが順調ということ)笑

 

MASTODONメンバー

(l. to r.)

Brann Dailor(ブラン・デイラー)<ds>

Brent Hinds(ブレント・ハインズ)<g>

Troy Sanders(トロイ・サンダース)<vo, b>

Bill Kelliher(ビル・ケリハー)<g>

 

音楽性はプログレッシヴ・メタルとなっているが

大御所であるDREAM THEATERとは些と違う。

コンセプトとしての表現力や情報量

そして予測不能な暴れっぷりは

メタルの将来を担う存在と言われる程。

 

2009年 4th  CRACK THE SKYE

 

CRACK THE SKYE

 

1. Oblivion

2. Divinations

3. Quintessence

4. The Czar  Ⅰ. Usurper  Ⅱ. Escape  Ⅲ. Martyr  Ⅳ. Spiral

5. Ghost Of Karelia

6. Crack The Skye

7. The Last Baron

BONUS TRACK

8. Just Got Paid

 

2ndで勢い付き3rdでデビュー

LOUD PARK 06に出演し

世界のオリコンチャートにも食い込む

もはや大物の風格さえ感じられる作品。

初めて聴いた前作の驚きにより

思わず購入してしまったが

結論から言うと買って正解だった。

海、大地ときて本作は空。

歌詞だけ見るとなんのこっちゃという感じだが

音楽を聴くととても味わい深い。

野獣性や突拍子もないスリリングさは些か減退したが

適度にエッジを残しつつも

メロディは向上しているので聴きやすい。

しかし10分にも及ぶ大曲があるように

コンセプトとしての情報量は多く

心の奥まで働きかけるような構築美は

歌だけを聴くような素人にはわかりっこない。

不安になるような怪しい雰囲気に

どこか心地よさを感じてしまう

癖になるような味わいは彼らにしかできない。

何度も聴くことによって新たな発見があるだろう。

ボートラはZZ TOPのカヴァー。

 

2011年 5th  THE HUNTER

 

THE HUNTER

 

1. Black Tongue

2. Curl Of The Burl

3. Blasteroid

4. Stargasm

5. Octopus Has No Friends

6. All The Heavy Lifting

7. The Hunter

8. Dry Bone Valley

9. Thickening

10. Creature Lives

11. Spectrelight

12. Bedazzled Fingernails

13. The Sparrow

BONUS TRACK

14. Deathbound

 

賛否両論がある問題作。

となれば予想できるように

楽曲はコンパクトでストレートになり

メロディを前面に押し出した聴きやすい音楽へ。

メタルというより獰猛なロックという感じで

彼ららしいディープさを残してはいるが

コアなファンからしたら軟化したと

言われざるを得ない。

確かにその割には印象に残るような曲は少なく

どうも中途半端でしっくりこない部分が多い。

ただタイトル曲のように彼ららしさを感じる場面はあるし

コアなファンだからこそ受け入れてほしい

情報や信念があるのも事実。

質としては高品質なのだが

やはり人によって善し悪しはある。

私としてもやはり単細胞なので

つまんね、面白くないというのが正直なところ。

 

2017年 7th  EMPEROR OF SAND

 

EMPEROR OF SAND

 

1. Sultan’s Curse

2. Show Yourself

3. Precious Stones

4. Steambreather

5. Roots Remain

6. Word To The Wise

7. Ancient Kingdom

8. Clandestiny

9. Andromeda

10. Scorpion Breath

11. Jaguar God

 

3月の終わりに発表した新譜。

残念ながら前作は見送らせてもらったが

本作はタイトルやジャケットからして

またCRACK THE SKYEのプロデューサーである

ブレンダン・オブライエンと

再びタッグを組んだことにより

期待度は十分だったので迷わず購入。

コンセプト・アルバムではないにしろ

タイトル通り「砂の皇帝」という一貫としたテーマがある。

ならコンセプト・アルバムではないかと言いたいが

音楽を一通り聴いてコレだよコレ!と叫ばずにはいられない。

“死”を意識した混沌としたサウンド

のたうち回るようなギター

手数が多いドラミングといい

私が求めるものそのもの。

またヴォーカル・メロディも進化しており

世界観を助長している。

これこそがMASTODONであり

ファンの多くが求めるものだと思う。

アルバム「STRIKER」

先々月発表したSTRIKERの新譜。

 

2017年 5th

 

STRIKER

 

1. Former Glory

2. Pass Me By

3. Born To Lose

4. Cheating Death

5. Shadows In The Light

6. Rock The Night

7. Over The Top

8. Freedom’s Call

9. Curse Of The Dead

BONUS TRACKS

10. Desire

11. Heart Of A Lion

 

自身のレーベル『Record Breaking Records』を設立し

そこからのリリースだが

国内盤はMARQUEEからのリリース。

よって環境を一新し再スタートという意味を込めてか

セルフ・タイトルを冠してきた。

ジャケットもB級感がなくなった。

メンバーの変更はない。

基本的には前作の延長線で

彼ららしいキャッチーで

生き生きした曲から始まるのだが

次にはスラッシュからの影響がある

切れの良い曲へと変化。

と思ったらまたキャッチーな曲へ。

やはりそこが重点的にアプローチされているようだが

個人的にはメロディは前作の方が残るような気がする。

セルフ・タイトルにした割には強烈なものがない。

しかもそれで9曲中1曲は短いイントロなので

ちょっと物足りなさも感じるかもしれない。

ただやはり男らしいコーラス・ワークや

伸び伸びとした感じは好きです。

今回のカヴァーはOZZYとJUDAS PRIESTだが

後者の曲はRACER Xの曲だと思ってました。

バンド「ONE DESIRE」

フィンランドから登場した

メロディアス・ハードの新星。

とはいってもメンバーは経験ある人ばかり。

 

ONE DESIREメンバー

(l. to r.)

Jimmy Westerlund(ジミー・ウェスターランド)<g>

Andre Linman(アンドレ・リンマン)<vo, g>

Jonas Kuhlberg(ヨナス・クールバーグ)<b>

Ossi Sivula(オッシ・シヴラ)<ds>

 

始まりは2012年にオッシがODという名前でスタート。

メロハー・バンドを結成するために

2年ほど曲作りに専念していたが

プロデューサーのジミーと出会ったことにより

どんどん話が進んでいったとか。

ヴォーカルはなんとSTURM UND DRANGのアンドレ。

そのバンドが活動休止状態なので

ジミーの紹介でオファーを快諾。

そしてジミー本人もメンバーに加入。

さらにベースはご存知CAIN’S OFFERINGのヨナスである。

 

2017年 1st  ONE DESIRE

 

ONE DESIRE

 

1. Hurt

2. Apologize

3. Love Injection

4. Turn Back Time

5. Falling Apart

6. Straight Through The Heart

7. Whenever I’m Dreaming

8. Do You Believe

9. Buried Alive

10. This Is Where The Heartbreak Begins

BONUS TRACK FOR JAPAN

11. This Is Where The Heartbreak Begins (ACOUSTIC)

 

先々月発表したデビュー作。

出会いは突然だった。

YouTubeであるバンドのPVを見てたところ

何気なくクリックしてみたら

鳥肌が立つようなインパクトに駆られ

速攻で購入を決めた。

しかもどこかで聴いたことがあるような声。

ああー思い出した!

てな感じです。

様々なソングライター(メロディ・メーカーのエリック・モーテンソンもいる)と共作。

となれば駄作になるわけがない。

もはやHurtだけで十分だったが

その後もハイ・クオリティの曲が最後まで続く。

しかし私としてはHurtのような

哀愁溢れるメロディアス・ハードが続くと期待していただけに

その他はSTURM UND DRANGの『GRADUATION DAY』に

収録されててもおかしくないような曲が並ぶので

ポップで哀愁があるのはいいのだが

もうちょっとHurtのような路線が欲しかった。

でもね名盤と言われてもいいくらい良いアルバムです。

さすがFrontiers Recordsがプッシュするだけはあります。

ここまで言ってHurtを聴かない人がいたら

Motherf**k!と吠えてやるわい!

TREAT JAPAN TOUR 2017 〜Melodic Power Metal Night Vol.21〜

2015年に25年ぶりに来日したTREATが再び来日。

今回は新作に伴うツアーということで

これは行くしかないと思った。

開演15分前に入り一番後方の高い場所で鑑賞。

これからも活動を続けてほしいのでTシャツを購入。

相方はステージが全て見渡せるということで

クアトロが気に入ったようだ。

やはり年層は高めだったが

人気があるようで9割は埋まっていた。

定刻ぴったりにスタート。

新作の頭から始まったが

これはっ!!

電撃が走り初っ端からやられてしまった。

正直単独でTOP3に入るほど素晴らしいライヴだった。

相方にもそれが伝わったようで

帰ってきてからTREATばかりを聴いているようだ。

各々の演奏は勿論のこと

サウンドのバランスが本当に良かった。

ギターのアンダースの音色は本当に良くて

Papertigerでは鳥肌もんだったし

この人はコーラスも良くて

Do Your Own Stuntsでは泣きそうになった。

元The Poodlesのポンタスとのハーモニーが最高。

彼は写真で見るよりナイスガイで

頭を振り動きが少ない他のメンバーをカバーしていた。

ロバートも声が出ないかなと思っていたのだが

そんなことを思ってしまった自分が

恥ずかしいくらいのパフォーマンスで

ジェイミーもやっと生で見ることができ

もはや全てにおいて感無量である。

再結成前のアルバムDREAMHUNTERから

メドレーをしていたようだが

再結成後のアルバムしか聴いていない私でも

良さがすこぶる伝わった。

前々からゲットしたいと思っているのだが

廃盤でなかなか手に入らない。

あったとしても高額で取引されているので悩むが

この際勢いで買ってしまおうと思った。

この手のバンドはあまり来日する機会が少ないが

このくらい良いバンドが他にもあると思う。

もっとメロハーにチャンスを与えてほしい。

メロハーを愛するファンからのお願いである。

アルバム「SAINT OF THE LOST SOULS」

先々月発表したHOUSE OF LORDSの新譜。

 

2017年 11th

 

SAINT OF THE LOST SOULS

 

1. Harlequin

2. Oceans Divide

3. Hit The Wall

4. Saint Of The Lost Souls

5. The Sun Will Never Set Again

6. New Day Breakin’

7. Reign Of Fire

8. Concussion

9. Art Of Letting Go

10. Grains Of Sand

11. The Other Option

BONUS TRACK JAPAN

12. The Sun Will Never Set Again (ACOUSTIC VERSION)

 

フェスという形だが

念願の初来日を果たした

アメリカの貴族院たちの新譜が届いた。

ベースがクリス・トリストラムに代わっている。

前任者もクリスだったが特に関連はないようだ。

ライヴがあまりにも良かったので

迷うことなく購入したが

某雑誌では彼らにしてはメロディが弱いとあった。

確かに前作のGo To Hellや前々作のBattleみたいな

強めの曲がないかもしれないが

よくよく聴いてみると

シンセが強くゴージャス感を演出しているし

ギターとのバランスもよく

適度にロックしコントラストも見事である。

メロディもなかなか良いじゃないかと思う。

まあ力量があるので

少しくらい弱くても楽しませてくれるわけだが

やはりそんな彼らだからこそ期待したいのは

こんなもんじゃないぞ!という極上のメロディである。

ミケーレ・ルッピがHarlequinでkeyを

The Sun Will Never Set Againでは

アレッサンドロ・デル・ヴェッキオと共作しkeyも弾いている。

そういや全く関係ないが

この前美容関係の会社があるのを見た。

確かスペルが違ってROSEとなっていたが。

アルバム「MONUMENTUM」

先々月発表したECLIPSEの新譜。

 

2017年 6th

 

MONUMENTUM

 

1. Vertigo

2. Never Look Back ◎

3. Killing Me

4. The Downfall Of Eden ◎

5. Hurt ◎

6. Jaded ◎

7. Born To Lead ◎

8. For Better Or For Worse

9. No Way Back

10. Night Comes Crawling

11. Black Rain

BONUS TRACK

12. The Downfall Of Eden (ACOUSTIC VERSION)

 

初来日が記憶に新しいが

最近は活動が盛んなので嬉しい限りだ。

メンバーは来日のときと変わらず。

本作も決して期待を裏切らない

安定したクオリティ。

大きな変化はなくても

高品質を量産してくれるだけで満足である。

しかしヴォーカル・メロディに関しては

悪くはないのだが前作の方がよかったと思う。

悪くはないのだがという表現はおかしいかな。

相変わらずセンスある絶品メロディなのだから。

ただ前作の方がよかったというだけで。

それよりも本作はギター・フレーズが印象的で

エッジがありかっこいい。

どこかジェイク・E・リーを彷彿させ

もはやマグナス・ヘンリクソンは

このバンドに不可欠と言っても過言ではない。

前作よりバラエティには欠けるが

聴くたびにより深みが出てくるのが本作だと思う。

またの来日を楽しみにしております。

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

2016年 イギリス

好み度 ★★★☆☆ 3.5

 

Fantastic Beasts and Where to Find Them

 

ハリー・ポッターの新シリーズで

原作者J・K・ローリングのオリジナル脚本。

 

魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は

魔法動物をアリゾナで解放させようと

経由地ニューヨークにたどり着く。

だがそこでスーツケースから魔法動物が逃げてしまう。

 

面白かった?と訊かれると

まあ面白いんじゃないかなと煮え切らない返事になる。

話題性があるだけに期待度が高まってしまうのは辛い。

ハリー・ポッターとの関連性はほとんどないが

ある言葉が出てくるだけでファンはにっこりするだろう。

そういった部分はやはり喜ばしいし

世界観や魔法動物のキュートさは格別で

優しさに満ちた女の子向きの映画だと言えよう。

しかしストーリーはあんまり評価できることはなく

せっかくの魔法の魅力も使う場面が少ないためか

あんまり伝わってこない。

よってか魔法使いより

ノー・マジ(ジェイコブ・コワルスキー)の方が

キャラの魅力が強く印象的。

ただハリー・ポッターのように

一部退屈なシーンというのはないし

逆にワクワク、ハラハラするシーンもないのだが

顔の筋肉を綻ばせ心を温かくしたい人には楽しめる。

全5部作にもなる予定らしいが

これでは物足りない。

次作に期待したい。

バンド「CELLADOR」

アメリカのネブラスカ州オマハで結成された

自称”ボンバスティック・メロディック・キャッチー・スピード・パワー・メタル”

よってDRAGONFORCEと比較されることが多い。

アメリカらしい部分はほとんどなく

言われなければヨーロッパのバンドだと思うだろう。

LOUD PARK 07で初来日するも

それからは鳴りを潜めていた。

そのときは私も現場にいたが

日本人彼女募集中というTシャツで

演奏していたことくらいしか思い出せない。

 

CELLADORメンバー

(l. to r.)

Diego Valadez(ディエゴ・ヴァラデズ)<key>

Nick Mccallister(ニック・マカリスター)<ds>

James Pickett(ジェイムズ・ピケット)<b>

Chris Petersen(クリス・ピーターセン)<g, vo>

 

2006年 1st  ENTER DECEPTION

 

ENTER DECEPTION

 

1. Leaving All Behind

2. A Sign Far Beyond

3. Never Again

4. Forever Unbound

5. Seen Through Time

6. Wakening

7. Releasing The Shadow

8. No Chances Lost

 

アメリカ版DRAGONFORCEと言われるのも無理もない。

若さ特有の勢いがありスピード感があった。

ただしデビュー時は鍵盤奏者はいなかったので

根本的には違うと思うのだが

アレンジという点ではまだ未熟。

ハイトーンのヴォーカルも力量はあるが

どうもメロディが頭に残らない。

ギターも随所で良いフレーズがあるのだが

曲としての纏まりに欠ける。

それで長めの曲をやるもんだから

余計印象に残らないのかもしれない。

 

2017年 2nd  OFF THE GRID

 

OFF THE GRID

 

1. Sole Survivors

2. Break Heresy

3. Shadowfold

4. Wake Up The Tyrant

5. Off The Grid

6. Swallow Your Pride

7. Shimmering Status

8. Good Enough

9. This Means War

10. Running Riot

JAPANESE BONUS TRACK

11. Faceless Dark

 

先々月発表した11年ぶりの新作。

すっかりと忘れていたがまだ活動していたらしい。

初期のメンバーはクリス・ピーターセンのみ。

その彼がリード・ヴォーカルを担当。

彼のヴォーカルは初期の人より好きである。

ギターとの兼任はこの音楽性だけに難しそうだが

現在では自信がついてきたようだ。

メンバー写真では4人しかいないが

レコーディングしたのがこの4人というだけで

現在はもう一人のギタリストである

エリック・マイヤーズという人物がメンバーにいる。

鍵盤奏者を迎えているので

DRAGONFORCEと似通ってしまったが

実際の音楽を聴くとそうとは思わない。

SWALLOW YOUR PRIDEのブラスト・ビート部分は

そうかなとは思うが

アレンジも成長したし

メロディも全部が印象に残る。

勢いが衰えたという表現は間違いで

その必要性がないだけだ。

曲もコンパクトだし

私にとってはかなりお気に入りの傑作。

Good Enoughは映画「グーニーズ」の主題歌で

シンディ・ローパーのカヴァー。

これでやっとアメリカを連想させるが

妙にしっくりきてるのでさらに好印象。

バンド「BLOODBOUND」

メロディアス・ハード・ロック・バンドの

STREET TALKのフレドリック・バーグと

同じく初期のメンバーだったトマス・オルソンによって

結成されたスウェーデンのパワー・メタル・バンド。

実は新作しか聴いたことがないのでなんとも言えないが

初期の頃はIRON MAIDEN風な正統派を演奏していたらしい。

次第にMANOWERのような漢臭いパワーが備わり

またメロディにも磨きを加え

今では一つの枠では収まりきらない

旬のヘヴィ・メタルを網羅したような印象。

 

BLOODBOUNDメンバー

(l. to r.)

Anders Broman(アンダース・ブローマン)<b>

Tomas Olsson(トマス・オルソン)<g>

Patrik J Selleby(パトリック・ヨハンソン)<vo>

Fredrik Bergh(フレドリック・バーグ)<key>

Henrik Olsson(ヘンリク・オルソン)<g>

 

パトリックは元DAWN OF SILENCEのメンバーで

ギターの二人は兄弟。

 

2017年 7th  WAR OF DRAGONS

 

WAR OF DRAGONS

 

1. A New Era Begins

2. Battle In The Sky

3. Tears Of A Dragonheart

4. War Of Dragons

5. Silver Wings

6. Stand And Fight

7. King Of Swords

8. Fallen Heroes

9. Guardians At Heaven’s Gate

10. Symphony Satana

11. Starfall

12. Dragons Are Forever

BONUS TRACK

13. The Dark Side Of Life (DEMO)

 

先々月発表した新譜。

ドラムのペレ・エイカーリンドが既に脱退しているようで

本作では演奏しているものの

メンバー写真には含まれていない。

某雑誌のレビューで

いかにもメタルですというような

ベタなワードが多く

これは「狙っている」ということを指摘されていたが

ちょっと気になって試聴してみたところ

SABATONのようなヴァイキング風の感じに

相方が気に入ってしまい購入してみた。

確かにDragon, Fire, Skyといったワードが頻繁に聞き取れる。

全体的に聴いてみると

シンフォニック・メタルかというくらい

キーボードが多用されているのだが

どこかで聞いたことがあるようなフレーズが多く

ヴォーカルもこの手の音楽ではよくある声なので

彼らの個性というのが伝わりにくい。

ここでも狙っているような曲作りだが

メロディがかなり良いので救われている。

ある意味多様性があり

上手くピースを組み立てているので

なんだかんだメロディ重視の人ならば

楽しめてしまうのだが。

ライヴでは凄く盛り上がりそうだし。